Let's リフトアップ!!

   

お灸でできる手軽なリフトアップ

リフトアップといえば美容外科を思い浮かべがちですが、実は自宅でも簡単にお灸で挑戦することができます。
ポイントはツボを刺激することによるむくみの改善で、これがたるみやしわの改善にも繋がります。
蓄積した余分な水分が排出されたり、たるみが解消することで顔の引き締めが実感できます。
感じ方に個人差はありますが、それでも手軽でリスクが小さいですから、気軽に挑戦してみることができるでしょう。
ポイントは顔に直接お灸をするのではなく、全身のツボの中からリフトアップに役立つツボを見つけ、そこに使うことです。
頭のツボはともかくとして、顔は目に入ったり火傷をする恐れがありますから、1人では決して行わないようにするのが原則です。
勿論、自己責任を理解していれば挑戦できるでしょうが、顔に直接しても期待の効果が得られるとは限らないのは確かです。
リスクだけでなく効果においても、やはり首より下にあるツボから挑戦してみるのがお灸のコツです。
手の親指と人差指の付け根の間は、合谷と呼ばれる有名なツボがあります。
このツボは顔の引き締めに有効ですから、リフトアップに期待することができます。
位置的に刺激が与えやすいので、誰にでもおすすめできるツボの1つです。
一方では、足の内側親指の付け根部分にあたる、大白のツボも顔を引き締めます。
温めると効果的ですし、入浴時に指で軽く押したり揉むことでも、期待するような変化が得られます。
目元から頬を経てアゴのラインが気になる場合は、足の甲の人差し指と中指の根元より少し下にある、窪み部分の陥谷が狙い目です。
誰もが気になる顔の部分ですから、こちらも一緒に刺激を与えて、血行や細胞の働きを促したいところです。
手の甲の薬指と小指の間には、中渚という窪みのツボがあって、ここもアゴのラインを引き締めてくれます。
おでこから根元に掛けて気になっているなら、外くるぶしの後ろ側の崑崙と、小指の根元にある足通谷を刺激しましょう。
顔のむくみやたるみが生じると、直接的にケアしたくなるものですが、東洋医学のツボであれば離れた場所からでも改善に導けます。
一見すると不思議ではありますが、全身に神経や血管の繋がりが存在することを思えば、決して不思議でも怪しい話でもないです。
ツボの位置はあくまでも目安なので、リフトアップにツボを活用する時は、指で軽く押して気持ち良い部分を見つけるのが賢明です。
後はそこにお灸を乗せて、しばらくじっくりと温かさを感じると、リラックス効果が現れて美容の改善に至ります。
1回や2回で得られる変化は限られるでしょうが、定期的に使用する習慣を作ると、少しずつむくみが解消されてリフトアップに結びつきます。
食生活の改善やサプリの摂取も1つの方法ですが、単独で取り組むよりも、お灸を加えて並行的に取り組む方が合理的です。
お灸は正しく使えば安全性が高く、リスクというほどの恐れはないですし、何より古くから活用されている実績があります。
時間を忘れるほどの気持ち良さは本物で、しかも価格が手頃で誰でもお試ししやすいハードルの低さです。
使い方に慣れた後は、顔のツボを刺激するリフトアップにも取り組めますから、まずは手足のツボで試してみることをおすすめします。
火を取り扱うのでそこは要注意ですが、それ以外は特に注意点はないですし、殆どデメリットはなくメリットだけが享受できるでしょう。
エステを高額だと感じている、あるいは時間がなくて施術が受けられない人でも、手軽に購入できて自宅で挑戦可能です。
市販品の選択肢が豊富ですから、何処でも買える入手性の良さと共に、自分の好みに合うアイテムが選べるメリットもあります。

お灸 , たるみ改善 , シワ改善 , ツボ , リフトアップ