Let's リフトアップ!!

   

リフトアップに効果的なトレーニングは?

リフトアップに効果的なトレーニング方法はいくつも紹介されています。トレーニングに使用する美容グッズやDVDなども多く販売されているので、それらを利用するのも良いでしょう。
道具などを使用しなくて気軽に出来るトレーニング方法としては、顔ヨガがあります。目の下のたるみを改善したい場合は、口を「お」の形にして鼻の下を思いっきり伸ばし、頬と目の下の筋肉を意識しながら上下の唇を巻き込みながら息を吐きます。口角をきちんと上げることがポイントです。この運動を3セットを目安に定期的に行うことで目の下の筋肉が引き締まります。たるみ解消に効果的な方法です。ほうれい線が気になる場合は、鼻から息を吸って思いっきり口の中に空気を溜めて頬を膨らませます。息を止めずに空気を口の中に貯めたまま、その空気を頬の右側から左側へ移動させたら、最後に顎の方へ移動させます。この運動を数回、ゆっくりと繰り返します。他にもリフトアップに効果的な顔ヨガがいくつもありますので、自分に合わせた運動を行いましょう。
表情筋と呼ばれる筋肉を鍛える運動も顔ヨガに近い運動で、リストアップに効果があると言われています。頬のたるみやほうれい線対策には、ひらがなの「あ・い・う・え・お」を一文字ずつ、口をしっかりと大きく動かして声に出して発音する運動が効果的です。顔全体を意識して発音することがポイントになります。次に、目を大きく見開きながら、舌を大きく上下左右にゆっくりと20回程度動かします。右回りと左回り、交互に数セット行いましょう。この時も顔の筋肉の動きを意識することが重要となります。目の下のたるみが気になる場合は、顔を動かさずに目線だけを360度回転させる運動が効果的です。眉を動かさずに目元の筋肉を意識して、ゆっくりと動かすことがポイントです。最初はゆっくりと行う、慣れてきたら少しスピードを上げて10回程度行うと良いでしょう。フェイスラインが気になる場合は、顎外しが効果があります。顎の関節を軸にしながら顔の下の半分を右や左に交互にずらす運動を繰り返します。出来るだけ大きく動かすことがポイントとなります。他にも表情筋を鍛える運動はありますので、自分に合わせた運動を行うと良いでしょう。
スキンケアを行う前に肩甲骨のストレッチを行うこともリフトアップには効果があります。肩甲骨は肩と胴体の関節の部分です。座った状態で両腕を前へゆっくりと伸ばせるだけ伸ばし、次に後ろ側へ同じように伸ばす運動を数セット繰り返します。腰に手を当てた状態で肘をゆっくりと前へ伸ばし、次に後ろ側へ同じように伸ばす運動も数セット行います。頭の後ろで両手を組んだ状態で肩の関節を意識しながらゆっくりと回す運動を繰り返します。前まわしと後ろ回しを交互に繰り返すことがポイントです。両腕を頭の上に伸ばして脇腹をゆっくりと伸ばします。このような運動を繰り返し行うことで、肩や首周りや顔の周りの筋肉がほぐれ、血行促進や筋肉の硬直を防ぐことができます。仕事や家事の合間など、ちょっとした隙間時間でも出来る運動なので手軽に継続して行っていくことが大切です。
マッサージでリフトアップすることも可能です。耳の上にある側頭筋と呼ばれる筋肉をマッサージしてほぐすことで、リフトアップ効果も見込めます。側頭筋を触ってみて固くなっている箇所をゆっくりほぐしていくだけです。移動や休憩時間など、ちょっとした隙間時間でできるマッサージなのでおすすめです。
リフトアップトレーニングに必要なことは、ちょっとした時間に出来る事をコツコツ継続して行うことです。顔ヨガやマッサージ、ストレッチなどを継続して行うことが大切になります。

スキンケア , マッサージ , リフトアップ , 美容グッズ , 顔ヨガ