Let's リフトアップ!!

   

リフトアップクリームで顔をスッキリさせる

日頃から肌のコンディションを整える為にも、スキンケアは念入りに行っているという方は多いです。しかし若い頃に比べて肌のたるみが気になるようになってきたという方も少なくありません。これは皮膚の潤いや美容成分が不足してしまっていることや、皮膚を支えている顔の筋力が落ちてしまっていることが大きく影響しています。そのため普段の基本的なスキンケアだけでお手入れを行うだけでは、肌のたるみの根本的な解決を行うことはできません。
そこで加齢に伴う皮膚から不足してしまう美容成分をしっかり保湿しつつ、マッサージを行って顔の血行を良くしたり、リンパケアを行うことで体に蓄積しやすい老廃物を効果的に流すお手入れを行うことが必要となります。しかし顔は体の中でも非常にデリケートな部位なので、無理にマッサージを行ってしまうと、かえって皮膚のたるみを悪化させてしまう危険があることから、マッサージの滑りを良くするクリームの利用をおすすめします。
最近では肌に不足している美容成分を補給しつつ、マッサージの滑りを良くしてくれるリフトアップクリームが販売されているので、エイジングケアの一つとして、定期的なお手入れとして取り入れる女性が増えてきています。このリフトアップクリームを利用して行うお手入れ方法は非常に簡単です。リフトアップなどの本格的なお手入れは、エステサロンに行かなくてはいけないのでは?と不安に感じる方は多いですが、実際は簡単な6ステップを丁寧に行うだけでセルフケアでも顔の輪郭をスッキリあげることができます。
まず最初に行うステップとしては、ほほ全体を手のひらで優しくマッサージしていき、顔のたるみを解消していきます。手のひらをフェイスラインに沿って上に押し上げるようにたるみをとっていきます。ある程度ケアが完了したあとは、リフトアップ化粧品を適量手に出します。両手でなじませてから、リンパの流れにそってクリームを首筋から顔全体になじませていきます。この時にリンパの流れに合わせて首筋は手のひら全体でなじませていき、目元は親指を利用して優しく丁寧にマッサージを行うことがポイントです。化粧品に含まれている美容成分を皮膚の中にしっかり浸透させていく場合は、グイグイこするよりもハンドプッシュで皮膚を温めながら行うと、美容成分が自然に浸透していくので目元をふっくら仕上げることが出来ます。
目尻などたるみが目立ちやすい部位は、目の上部などを綿棒を使用して上に引き上げるようにすると、効果的にリフトアップしていくことが出来る特徴を持っています。この時綿棒は優しく肌にあてるようにしましょう。おでこのお手入れは手のひらを利用しておでこ全体をつつみ、上に向かって優しくマッサージを行うと効果的にたるみを取ることが出来ます。まぶたのお手入れは、細かな部位なので目尻と同じように綿棒を利用してたるみを取り除くようにすると、たるみで目元がぼんやりとした印象だったのが、瞳がパッチリとした状態に仕上がります。
このお手入れを毎日のスキンケアの習慣にすることで、顔のむくみを解消して翌朝すっきりとした顔でメイクを行うことが出来ます。
クレンジング化粧品などを利用してマッサージを行う方法もありますが、クレンジングクリームは洗い流す必要があり、肌に負担をかけてしまう恐れがあります。そのためスキンケアの最後に取り入れるリフトアップクリームを利用することで、配合されている美容成分が肌全体に浸透してコンディションが良くなります。エイジングケアが行えつつ、マッサージも同時に行える化粧品を探して、夜じっくり時間をかけてお手入れが行える時間にケアを行うことがポイントです。

たるみ改善 , アンチエイジング , クリーム , スキンケア , マッサージ , リンパケア