Let's リフトアップ!!

   

リフトアップテープを利用しながら

年齢を重ねていく毎に気になってくるのが頬などのたるみになり、たるみがあらわれてくると実年齢より年上にと見られてしまうようになってくるのです。多くの女性はリフトアップをしようと、いろいろな方法を試みるようになります。テレビなどでもリフトアップに効果的なだと言ってツボ押しをすすめたり、毎日の洗顔後の化粧水を付ける時には下から上に向けて付けるなどを言っているのです。たるみは筋肉が衰えてくることから起きるので、意識的に口角を上げるなど顔の筋肉を鍛えて効果を得ようとしています。究極的なことでは整形で手術を受けて、リフトアップをする場合もあるのです。たるみを改善しようと美容液を使ったり、マッサージを行ったりといろいろな方法が言われていますが注目されているのがテープを使うことになります。海外のセレブの間でそれを使ってリフトアップが行われていることが知られるようになり、一気に多くの人たちの間で評判となっているのです。テープにもいろいろなタイプのものがあり、自分がどのような目的で使うのかを考えて選ぶようにします。コスプレを目的とした物では本来の自分の顔を変化させて変身するようなもので、それは自然に見えるようなのではなく強力に引き上げをしてその部分を固定させるような物です。目をアニメの世界の登場人物のように大きくしたり、顔の輪郭を極端に細くするような劇的に変化させるためのテープになります。日常生活に使うものはちょっとリフトアップをして固定をさせ、シワを目立たなくさせたり・若々しく見せるようなものはテープは目立たないようになっていて誰にも扱いやすいようになっているのです。日常使いの物の中にはほうれい線対策として特化したものや、顎のたるみを引き上げるための物など様々な部位に使うようになっています。肌になじみやすいようにサイズも小さめにできている場合が多く、耳の裏など貼りにくい所にも扱いやすいような小分けになっているのです。医療用などでも代用することも可能ですが、顔周りはデリケートな部分になるので目立ちにくく扱いやすい専用のテープがすすめられます。肌の動きに柔軟に対応できる伸縮性に優れたものが良く、若々しく見せるようにアップできていても表情が引きつるような不自然になっては折角の努力も功を奏しないです。自由に動かせる表情筋の妨げにならないような材質で、皮膚への負担が少ないタイプを選ぶようにします。貼る位置の基本はこめかみからおでこ・耳の後ろ・耳の前の3ヶ所になりますが、こめかみからおでこに向かって貼ることで目尻が引き上げられるようになり、目元のたるみには効果的です。それは目尻が引き上げられるだけでなく、クマができやすい部分や涙袋の細かいシワも伸ばされてハリが出ることや目も大きく見せるという効果もあります。耳の後ろに貼るとほうれい線を目立たなくすることや、顎周辺のフェイスラインを引き上げて口元の小じわもの美を口角も上がるのでより若々しくなるのです。耳の前に貼ると目の下のたるみや頬の毛穴の開きを目立たなくする効果が望め、下から上へと引き上げるようなイメージで貼るようになるので、頬の高い部分にハリを持たせるようになり若々しさを出していきます。リフトアップ効果を求めてテープを貼る時に大切になるのは、引き上げる方向と向きになるのです。貼る前に指先を当てて、その向きで引き上げてみるようにします。自分が求めた効果を充分に得るために調整し、表情や髪の動きになどにより目立ってしまうことのない所にすることが大切です。貼った後により強力に固定させるために2枚目を貼ることもありますが、その場合は最初に貼ったものより位置を少しずらして重ねるとより効果的になります。そしてその上からメイクをして自然に見えるように仕上げていくのです。

たるみ改善 , クマ改善 , シワ改善 , テープ , フェイスライン , マッサージ , リフトアップ