Let's リフトアップ!!

   

日本で人気が高いリフトアップマスク

加齢により肌の老化が進むと、たるみが気になるようになります。最近は、肌のたるみをケアするための化粧品や美容家電が次々と登場しています。顔のたるみは皮下組織や筋肉、皮下脂肪の問題が原因で発生します。皮膚を支えている真皮層にあるコラーゲンやえら巣チンが減少すると、肌のたるみが目立つようになります。表情を作っている筋肉が衰えた場合も、たるみが生じます。
肌のたるみが発生すると化粧品で改善することは難しいですが、たるみを予防することは可能です。

たるみ予防で重要なのが保湿です。洗顔や入浴により肌は清潔になりますが、洗った後の肌は水分が不足しています。すぐに保湿を行って水分補給をしないと、シワやたるみの原因になります。保湿化粧水やマスクを活用することで、肌に必要な水分を与えることができます。ドラッグストアやオンラインショップで人気が高い商品といえば、リフトアップマスクです。リフトアップマスクには肌を引き締めて引き上げ、潤いを与える成分が贅沢に配合されています。配合されている美容成分は化粧品によって異なります。リフトアップ効果が高い化粧品に共通しているのがヒアルロン酸とビタミンC誘導体、コラーゲンです。

ヒアルロン酸は水分の保持力が高い成分で、肌を乾燥の害から守ってくれます。もともと体の中にある成分なので、ヒアルロン酸を配合した化粧品は安心して使うことができます。ヒアルロン酸は20歳でピークを迎え、後は徐々に減少してきます。40歳になると減少スピードが加速し、60代に入るとヒアルロン酸の量が20代の頃の半分以下になります。ヒアルロン酸が不足すると肌のたるみやシワの原因になるので、日頃から保湿化粧品や保湿マスクでケアを行うことが大切になります。肌はヒアルロン酸とエラスチン、コラーゲンとのおかげで肌の美しさを保っています。コラーゲンとエラスチンはタンパク質の一種で、水分を保持してハリと潤いのある肌へと導きます。コラーゲンとエラスチンが弾力の枠組みをつくり、ヒアルロン酸が水分を保つことでハリを維持します。

ヒアルロン酸が不足して肌がたるみ弾力とハリがなくなった場合は、毎日のスキンケアにヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が配合された保湿化粧品を活用すると効果的です。毎日のスキンケアに加えて定期的にスペシャルケアを行うと、さらに若々しい肌へと導きます。美白成分で有名なビタミンC誘導体は、コラーゲンの生成をサポートするのでリフトアップにも貢献します。

特にAPPSは細胞膜を通って繊維芽細胞に働きかけ、コラーゲンの量を増やすので注目されています。APPSというのは高浸透ビタミンC誘導体のことで即効性や浸透性、持続性があり刺激が少ないという特徴があります。APPSには極力な抗酸化力があり、細胞を活性酸素の害から守ってくれます。活性酸素はシワやたるみの原因になるので、APPSが配合された化粧品を活用することでシワやたるみを防ぐことが可能になります。紫外線を浴びると活性酸素が増え、メラニン色素が増えてシミなど色素沈着の原因になります。APPSはメラニンの生成も抑えるので、透明感のある肌にもなれます。APPSは肌のたるみだけでなく加齢と共に出てくる色素沈着も防ぐので、アンチエイジングケアに取り入れてる女性が多いです。

市販のリフトアップマスクにはメーカーによって様々な美容成分が配合されていますが、自分の肌の状態を把握して最も必要な美容成分が配合されたマスクを選ぶことが大切です。不足している成分を補うことで、徐々に本来の健康な肌へと戻ることが可能です。リフトアップケアに加えて栄養や睡眠にも気を配ることで、若々しい美肌を保つことができます。

ヒアルロン酸 , マスク , リフトアップ